インターネットを使って、物販やアフィリエイトをされている方など、自営業者の方の場合は、ご自身で確定申告をして税金を納める必要がありますが、まだ事業規模もそんなに大きくなく、白色申告をされている方も、平成26年1月からは、帳簿の記帳義務が課せられました。

メールや電話での問い合わせの他、東京と大阪で毎月行っている無料相談会でも、

「帳簿なんかつけたことがなく、だから今まで簡単な白色申告で来てたんですけど、本屋さんで見つけて目を通してみても、ピンとこなくてクラクラします……」

と、鞄から簿記の本を取り出される方もおられました。ただ、間違えないでいただきたいのは、白色申告で義務化された記帳とは、いわゆる複式簿記のような本格的なものである必要はありません。

今回はその辺りの基本的なことについて解説いたします。

※税法は毎年変わります。現在のリアルタイムな税金情報や、何かご不明な点がありましたら、電話や以下のフォームからお気軽にお問い合わせ下さい(セールスや勧誘等は一切ございませんのでご安心下さい)

ご相談・お問い合わせは無料です。以下のメールフォームかお電話でお気軽にどうぞ。


このフィールドは空のままにしてください。