さて、そろそろ確定申告の準備を進めておられる方も多いかと思いますが、昨年末から弊社に寄せられる確定申告のお問い合わせも、例年より多く寄せられています。

個人の確定申告にあたっては、書店などで「個人事業の確定申告」といった内容の書籍をよく目にしますが、それらの書籍を読むと決まって「まずは青色申告をしなさい」と書いてありますので、とりあえず青色申告の届出を提出したは良いものの、いざ申告をしようと思ったら、65万円の青色申告特別控除を受けるためには「正規の簿記の原則(複式簿記)」で帳簿をつけなければならず、非常に苦労をされていて、弊社へご相談される方も非常に多くおられます。

そんな方から、たまに

「ネットビジネスの確定申告をしようと思うんですが、青色申告の承認申請書を提出してしまったら、絶対に青色申告しないといけないのでしょうか?」

と聞かれることがあります。よほど複式簿記に苦しめられているのでしょう……。

ただ、皆さんもあまり聞かれたことのない、良い質問だと思います。このご質問の主旨は、「最初は複式簿記による帳簿をつけて65万円の青色申告特別控除を受けようと思ったが、やってみたらものすごく大変で、とてもじゃないが期日までに申告書が出来そうにない。かといって申告はしなければならないし、何とかならないの?」ということだと思います。

このお悩みを解決する方法は2つあります。

1つは「複式簿記による記帳をせずに青色申告をする」ことです。

「えっ、青色申告でも複式簿記による記帳をしなくていいの?」と思われるかもしれませんが、複式簿記による記帳をしなければならないのは、65万円の青色申告特別控除を受ける場合のみです。

青色申告特別控除には、もう一つ10万円の控除があり、こちらであれば、お小遣い帳程度の帳簿を備え付けておけば大丈夫です。

そしてもう1つは「青色申告の取りやめ手続きをする」ことです。

具体的には、青色申告を取りやめようとする年の翌年3月15日までに「所得税の青色申告の取りやめ届出書」を所轄税務署長に提出すれば、青色申告の承認を取りやめることが可能です。

ただし、一度青色申告の承認を取りやめると1年間は再度承認申請をすることが出来ませんのでご注意ください。

弊社ではそもそも「個人事業をする=青色申告をしなければ損」という考え方自体が間違っていると考えています。

サイトのトップページからダウンロードいただける、無料PDFや節税DVDを見られた方は、既にご理解いただいているかと思いますが、「ホントに?」と思われた方は、なぜそうなのかという計算根拠もしっかりと示させていただいておりますので、特に青色申告で苦しんでおられる方は、是非もう一度、ご覧になってみて下さい。
(2013.1.17)

※税法は毎年変わります。現在のリアルタイムな税金対策の内容や、何かご不明な点がございましたら、電話や以下のフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。また、今よりどれだけ節税できるかシミュレーション資料の作成も、無料で受け付けております(セールスや勧誘等は一切ございませんので安心してお問い合わせ下さい)。

ご相談・お問い合わせは無料です。以下のメールフォームかお電話でお気軽にどうぞ。


このフィールドは空のままにしてください。