年末が近づくに連れ、電話やメールでの問い合わせも日々たくさん寄せられています。その中で、自営業の方から、この時期にとてもよく言われるのが

「どうせ税金で持っていかれるくらいなら、年内に何か必要なものを経費で買ってしまおうと思ってます」

という内容です。皆さんも耳にしたこと(もしくは口に出したこと)はありませんか? そんな時私はいつも、

「ビジネスに使うもので、近々購入を考えていたものがあれば、それもアリなんじゃないでしょうか。」

とお伝えするのですが、実は続きがありまして、

「ただし、あまり高額なものを購入すると、全額を今年の経費として計上することができない場合がありますので、節税が目的の一つであるなら金額にも注意したほうがいいですよ。」

と付け加えさせていただいています。

察しのよい方はもうお気づきかもしれませんが、10万円以上のモノは減価償却資産となり、全額を一括で経費とすることができず、定められた耐用年数に応じて、少しずつ経費にしていくことになります(※青色申告の場合は特例で30万円まで一括で経費にすることができますが、合計額に上限がありますので注意が必要です)。

例えば、ネットを使ったビジネスの場合、新しいパソコンを買われる方が非常に多いのですが、パソコンの耐用年数は4年となっていますので、16万円のパソコンを購入した場合には、4年間かけて少しずつ16万円を経費にしていくことになります(厳密に言えば「減価償却には定額法と定率法があり…」と話がどんどん複雑になってしまいますので、ここでは単純に定額法で説明します)。

「まぁ、16万円の1/4の4万円でも経費になるならいいか……」

とおっしゃる方もおられるのですが、実は年末に駆け込みで買った場合には、この4万円すら実は経費にはなりません。

減価償却費を計算する時には、その資産を(この場合はパソコンです)所有していた月数で4万円をさらに按分しなければなりません。

つまり4万円の1/12 = 約3,000円程度しか経費には計上出来ないのです。

このことをちゃんと分かって、節税のためにパソコンを買われている方がどれだけおられるか分かりませんが、ご自身で確定申告をされる場合は、こういった失敗?もよくありますので、これからモノを購入して
節税しようと考えている方は、まずはその金額にも充分ご注意くださいね。

また、税金はしっかりとした対策を予めしておけば、このように年末になって慌てたり、申告直前に計算してみて、その金額の高さに驚きつつも、どうしようもないといったことも回避できるかと思いますので、ぜひ時間のある内に考えてみられ、何かありましたら専門家に相談されることをお勧め致します。
(2013.12.12)

※税法は毎年変わります。現在のリアルタイムな税金対策の内容や、何かご不明な点がございましたら、電話や以下のフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。また、今よりどれだけ節税できるかシミュレーション資料の作成も、無料で受け付けております(セールスや勧誘等は一切ございませんので安心してお問い合わせ下さい)。

ご相談・お問い合わせは無料です。以下のメールフォームかお電話でお気軽にどうぞ。


このフィールドは空のままにしてください。