個人事業でビジネスをされている方は、申告や納税も完了しホッと一息されている時期かと思います。

中にはこの時期から、心機一転、またビジネスに集中するぞという方も多いようです。

今回は、ここ数年で増えてきており、弊社のクライアント様にも取り組んでおられる方が多く、日頃から、お問い合わせも増加している「輸出入ビジネス」について少しお話したいと思います。

輸出入というと大げさに聞こるかも知れませんが、実際にネットビジネスで物販をされている方であれば、eBayや海外のAmazonからの輸入や、タオバオやアリババ等から商品を仕入れてきて、日本のAmazonのFBAに入れたり、オークション(ヤフオク)、楽天などの国内サイトで売る中国輸入転売ビジネス。

また逆に国内で仕入を行ない、海外サイトで販売するといったことをされている方も多いかと思いますが、その際に、よく話題に出てくる税金として「関税」というものがあります。

やはり皆さん税金はなるべく抑えたいと思われるようで、何とか関税を安くしようといろいろ調べた結果、インボイスに適当な金額を書いているなんてことを耳にすることもしばしばです……。
実際にインターネットで検索をしてみると、そのような情報が氾濫しています。

仕入れる側の立場としては関税が安いほうがいいですし、売り手側の立場としては、お客様から関税を安くしたいので、低めの金額を書いてくれと依頼されることもあるようです。

ですが、実はこの行為はとても危険です!

そもそも関税も税金なので、虚偽の申告を行って負担を減らせば、それが見つかった時には、当然、加算税などのペナルティが課せられます。

「今まで税関で調査をされたなんてこと一度もないよ」という方もおられるかも知れませんが、それは、まだ事業を始めたばかりで規模が小さかったため、見逃されていただけかもしれません。

実際に、その感覚のままビジネスの規模が大きくなり、ある時、税関で調査をされ、追加の関税とペナルティの加算税をしっかり徴収されたという話も業界にいるとよく耳にします。

逆に海外に販売をしている人の場合で、消費税の還付を受けているという場合には、当然ですが、税務署も入念なチェックを行いますので(誰でもお金を返す時には、受け取る時以上にしっかりチェックするのと同じです)、適当な書類を作成していると、税務調査の際にリスクが増すことも想定されます。

適当な書類を作成することは、節税対策ではありません!

専門的な話になりますので、具体的な対策については、今回は割愛させて頂きますが、その場の関税を抑えたがために、後からより高額な税金を納めることにならないよう、充分お気をつけくださいね。
(2014.3.20)

※税法は毎年変わります。現在のリアルタイムな税金対策の内容や、何かご不明な点がございましたら、電話や以下のフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。また、今よりどれだけ節税できるかシミュレーション資料の作成も、無料で受け付けております(セールスや勧誘等は一切ございませんので安心してお問い合わせ下さい)。

ご相談・お問い合わせは無料です。以下のメールフォームかお電話でお気軽にどうぞ。


このフィールドは空のままにしてください。