最近では、せどりや中国輸入転売ビジネス等で、AmazonのFBAを使われている方も多く、弊社のクライアントさんにもたくさんおられますし、その他にも、

「知り合いの税理士さんにお願いしたところ、よく分からないと言われ、相談させて頂きました……」

と、無料相談会に来られる方も非常に多いです。と言いますのも、税理士さんは税金の専門家ですが(会計士さんは会計のプロです)、これらの確定申告や法人決算をしようと思うと、物販の仕組みを分かった上で、他の法律等も理解していないとハッキリ言って出来ません。なので、こういった税金の申告の場合、あとから税務調査に入られて、否認されるというケースも多いのです(税務署からすれば、ほぼ確実に獲れる美味しいポイントですから!)

今回はそんな、アマゾン販売の税金申告について、気をつけるべきポイントについて解説しています(これに関しては過去のメルマガでも何度か取り上げましたが、色々と深く書き切れませんので、ご不明な点があれば別途お問い合わせ下さい)。

※税法は毎年変わります。現在のリアルタイムな税金情報や、何かご不明な点がありましたら、電話や以下のフォームからお気軽にお問い合わせ下さい(セールスや勧誘等は一切ございませんのでご安心下さい)

ご相談・お問い合わせは無料です。以下のメールフォームかお電話でお気軽にどうぞ。


このフィールドは空のままにしてください。